私ってワキガなのかな?と思う瞬間

わたしってもしかして...?

 

普段、他人の臭いには敏感に反応してしまう方で自信の臭いには気を遣っている方です。

 

ワキガの人は自分では気がつかない、とよく耳にしますが時々「私ってもしかしてワキガ?」と、不安に思う瞬間があります。

 

それは決まって生理時に発汗したときです。

 

どうしてか生理の時は、普段気にならない自分のワキからワキガの臭いがするときがあるように感じます。

 

ひとたびその臭いを感じ取ってしまったら余計にワキを気にするようになり、発汗。と、負の連鎖になっているように感じます。

 

自分では気がつかないというのだから、これはきっとワキガではない。

 

と、自分に言い聞かせたくなりますが、周囲の方からすればそれがワキガであっても、そうでなくても臭うものは臭うということにかわりはありません。

 

どんなに臭っているのだろうか、大丈夫かしらと不安になりますが、「あなた臭うわよ」だなんて正直に教えてくれる人はほとんどいないでしょう。

 

こうなってしまった時は、誰かに気づかれたり指摘される前になんとかして対処します。

 

困った臭いを放つ前にすること

汗をかきそうなシーンや、生理の時は臭いを放つ前にまずその予防策を施しておきます。

 

市販されている脇汗防止のクリーム状のデオドラント剤を塗り込んでおきます。

 

これを塗っているから大丈夫だろう、という安心感も脇汗をかかない対策になります。

 

 そして、汗をかいてしまっても衣類に染みこまないように脇汗パッドを貼り付けておきます。

 

万が一汗をかいてしまってもこのパッドに保護してもらうつもりでペタっと装備しておきます。

 

 

ほんのりワキガ臭を醸してしまったその時は

対策をしていても、やはり脇汗をかいてしまったその時は間違っても脇シューと呼ばれる制汗スプレーはまきません。

 

臭いの根源を片付けなければいくら隠そうとしても隠しきれません。

 

私の場合もしもそんな緊急事態に陥ってしまったら、まずは脇汗パッドを交換します。

 

すでに臭いがついたものいつまでも脇下で温めておくのは危険すぎます。

 

 そしてできる事ならこっそり脇を綺麗に洗い上げますが、外出先ではなかなかそんなこともできません。

 

しかし、除菌シートなどで汗をかいてしまった脇を綺麗に拭き上げ、できるだけ清潔になるように応急処置をします。

 

ワキガの根本的な解決は手術などに頼るしかないのかもしれませんが、一時的な解決策努力でできると思います。

 

こまめに自分の臭いに気を配りワキガ臭に悩まない生活がおくれればいいなと思います。